読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポロリ注意】痴漢にあって捕まえたら強烈な一夜を過ごすことになった(前編)

f:id:yh1123:20160303174845j:plain

どうも、おかんです。


ひな祭りムードはどこ吹く風、完全に嫁に行き遅れること間違いなしのお話をひとつ。
そう、最初のエントリで書いてたやつです、その話です。

 

実物の私をご覧いただいたことがある人はお分かりかと思いますが、チビなのに横幅あるし、チビなのにガッチリ体系だし、声がウーファーかよってほど低いです。

 

そんな私でも過去、何度か痴漢にあったことがあります。

 

あれは忘れもしない、2010年くらい……の夏でした(適当)。夏はズルスルのタイパンツばっかり履いてるような私でしたが、たまに、ホントにたまに、まあまあ女の子らしい服を着てくることもありました。ミニスカートとか。

 

f:id:yh1123:20160303174747j:plain

 

私が通っていた大学は芸術系の学部があるトコロだったのですが、いわゆる合評、作品の講評会が近くなると、夜遅くまで学校に居残って制作するということがよくあったんですね。

 

その日も教室開放時間の22時を過ぎ、施錠にきた警備員さんがやってくるまで友人たちと制作にいそしんだ私。街頭の少ない夜道を20分ほど歩き、さらに地下鉄で20分揺られて、JRの駅にたどり着いたのは既に23時半を過ぎていました。もう終電です。当時は実家に住んでいたため、毎日、新快速で長時間電車に揺られるという生活を送っていました。片道2時間の通学とか、ホントよくやってたよ……。

 

23時54分、姫路方面の最終新快速が到着し、窓際の席に座りました。ちょうど隣には30代過ぎのサラリーマンが乗車。まあそれに関しては特筆することはありません。ただ、その人はうちわだか扇子だかをずっとあおいでいて、寒いくらいに冷えていた車内の空気がさらに冷やされ、こっちにガンガン当たっていたことが気になってしかたがありませんでした。

 

「しゃーない、寝てやりすごそう」

 

シートに深々と座り、体温が逃げないように腕と足を組んで丸まり、セルフでぬくもりながら目を閉じたのでした。

 

10分程度寝ていたでしょうか、ふと目が覚めると、あと数分で高●駅に到着するといったところ。終電の車内は静かで、人々の緩慢な疲れをはらんだ空気がただよっていました。隣のサラリーマンからの風も止まっています。彼も寝てしまっているのでしょう。何気なしにふと横目で隣を見ると、

 

f:id:yh1123:20160303174748j:plain

サラリーマンがこっちを見ながら思いっきりシコってました。

 

「!!?」

 

高速で窓側に顔をそむける私。いやいやえっ思いっきりチンコ出してますやん何これ何これ。あー痴漢かー!これが触ってこないタイプの痴漢かー!鞄で見えないようにガードしてるあたり思いっきり確信犯ですやんんんん。これいつからオカズにされてたのかなー。つらいなーいやだなーこわいなー(稲川淳二風)。電車のなかでオナるってポテンシャル高すぎない?オナニーマスターなの君はオナニーマスターなの!?

 

この間約3秒。

 

『最悪や……』

 

がっくり肩を落とし、再びチラリと痴漢を見ると、様子が変わってきていました。コチラが気づいたことに狼狽し、あきらかに萎みはじめている痴漢のチンコ。このままでは逃げられてしまうことは確実です。

 

ああーでもなー、捕まえるとなると……さすがにこれは、いやーちょっとなーちょxt

 

「ちょっとおおお!!!(怒)」

 

立ち上がり、痴漢の肩をむんずとつかんで怒鳴りかかりました。つかんだのはチンコではないです。重ねて言いますがチンコはつかんでいません。よもやコチラが攻撃をしてくることなど思いもよらなかったのでしょう、目を白黒させながらうろたえる痴漢。

 

「ちょ、ちょ何、何ィ!?」

 

つかんだ手を振りほどこうともがきながら、必至の形相で彼はそう口走ったのです。

 

その瞬間、頭のなかのツッコミの手が、フルスイングで心の糸を引きちぎりました。

 

「『何!?』ちゃうやろがぁボケが!!お前がナニをナニしとるんやろがあああ!!!」

 

大声で激高して我に返ったその瞬間、ハッと気づきました。

 

アカン、これは、面白い……。

 

f:id:yh1123:20160303174749j:plain

 

電車のなかでシコる痴漢も強烈だし、それを捕まえようとする自分も自分だし、「何!?」って全力の棚上げでうろたえる痴漢もヤバイ。なにより自画自賛でアレですが、「お前がナニをナニしてる」ってツッコミが。冴え過ぎか。この恐ろしいタイミングであんなにキレイなツッコミ炸裂するなんて、私、天才……!?

 

「とりあえず落ち着こう、な?な?」

 

ケンカかな……。知り合い同士が揉めてるのかな……。周囲のヒソヒソ話がきこえるほどざわつきはじめ、さらに焦る痴漢。「落ち着いて」なんてどの口が言うんでしょうか。慌てて逃げようと立ち上がりかけますが、肩をつかむ手を下へと引き、痴漢を再び座らせます。つーか立ち上がりざまにチャック上げてんじゃねーよいままで出してたのかよ。

 

「いやちょっと……」

 

「ええから座れや」

 

「いや」

 

「座れって!」

 

この段になって、どうやらただのケンカじゃないと気づいた車内。ひとりのお姉さんがこちらに近づいてきました。

 

「あの、どうされました?」

 

「痴漢なんですよー。ちょっと警察行くんで、協力していただけませんか?」

 

「えー!わかりました!あのー、このなかでどなたか協力してくれる方はいらっしゃいませんか?」

 

車内に声をかけてくれるお姉さん。しかし悲しいかな、これを降りれば始発まで電車はありません。「大変そう……」とか「手伝ってあげたいけど……」的な視線は伝わるものの、誰ひとりとして手をあげてくれる人は現れませんでした。そりゃそーだよね、明日もみんな仕事あるしね……。わかってはいるけど、それにしてもみんな冷たすぎない?「このドライモンスターどもが」と内心で絶望して白目むいてると、お姉さんは「隣も見てきます!」と、慌てて後方の車両に走っていってくれました。

 

「まもなく高●駅に到着します」と車内のアナウンスが鳴ったので、私は痴漢の腕をつかんだままドアの前へ移動。立ち上がりざまに「すみません……」と痴漢がつぶやきましたが知ったこっちゃありません。ドアが開きかけたその時、ちょうど後方から、数人の男性を連れたお姉さんがコチラに駆け寄ってくるのが見えました。

 

と、次の瞬間、ドアが開くと同時に、痴漢が私を思いっきり下に突き飛ばし、私はホームにビターン!と叩きつけられました。痛みが全身に広がるもつかの間、慌てて顔を上げると、私の手から離れた痴漢は一目散にホームを飛び降りて線路を横切り、隣のホームへよじ上ろうとしているところだったんです。

 

「えええええ~!?アグレッシブ~~~!!!!」

 

思わず大声でツッコんでしまいました。ホーム→線路→ホーム→線路→フェンスの距離を、まるでスター状態のマリオのような猛スピードで駆け抜けていく痴漢。突如、人が線路を横断しはじめるというカオスな状態に一同ポカン状態。「だれか捕まえて!」と叫びましたが、人もまばらな終電のホーム、かくして痴漢は最後のフェンスを一足飛びに乗り越え、夜の町へと逃げ去ってしまったのでした。

 

f:id:yh1123:20160303174750j:plain

 

斜め上の逃げ方に呆然としていましたが、出発のアナウンスに我に返り、そそくさと電車に戻る私。全員が窓からことの顛末を見ていたので、戻った時の気恥ずかしさったらハンパなかったです。

 

アレコレと気をつかって話しかけてきてくれるお姉さんと一緒に歯噛みしながら電車に揺られていると、ひとりのお兄さんが携帯電話で話しながらこちらにやってました。

 

「痴漢、捕まえたって」

 

「!!!」

 

お兄さんは、お姉さんが連れてきてくれた男性グループのひとりで、なんともうひとりの友人が咄嗟に電車を降りて、同じく線路を横断して追いかけてくれたんだそう。そしてついさっき捕まえたとのことでした。まさか追っかけてくれていたなんて!!

 

「警察呼んだらしいから、ちょっと行ってみてくれる?」

 

「ありがとうございます!(感涙)」

 

幸いにして逆方向の新快速がまだあったので、次の駅に着くやいなや、逆向きのホームに走って高●へ向かいました。事情聴取的にお姉さんも行く必要があったため同行。終電後にホントすみません……!

 

そして駅を出るとすぐに、爛々とかがやくパトカーの光を発見。簡単な本人確認をすませて署に移動しました。痴漢の被害にあうと、警察署で調査書類を書かなければいけません。厳密に言うと、状況を事細かに説明して警察官の方が代筆するというかたちです。

 

痴漢はすでに身柄を拘束され、署の方に移動したそう。

 

普段はパトカーのライトを見ると、とくに悪いことはしていないのに身構えてしまうもんですが、この時ばかりはとても安心したのを覚えています。

 

……が。

 

本当の地獄は警察署に行ってからはじまりました。痴漢に遭遇してつかまえることがまさかのプロローグにすぎなかったことなど、だれが想像できたでしょうか。

 

次回「痴漢にあって捕まえたら強烈な一夜を過ごすことになった(後編)」乞うご期待!

 

【異国】日曜の朝だけに出現する 鶴見区の中国人朝市で爆買いしてきた【大阪】

f:id:yh1123:20160301113801j:plain
写真は心象風景です

 

いわゆるディープスポットが好きなんですが、大阪は鶴見区、ウワサの中国人朝市でお買い物をしたときの話をひとつ。

 

「鶴見 中国人 朝市」とググれば、DPZや大阪DEEP案内などの有名サイトでもルポ記事がいくつかあがってて、まーこれはココロオドル場所じゃないかと。

 

そんな矢先に友人宅で火鍋をするとのことで、「火鍋にマトンとパクチーがないなんてありえねえ」といきり立ち、一路くだんの朝市で買い物と相成りました。

 

f:id:yh1123:20160301113756j:plain

早朝5時に起きてチャリを走らせ20分、京阪電鉄清水五条駅から京橋へ。
前日は深夜2時過ぎまで飲んでたので顔が死んでます。つーか前日でもない。

 

f:id:yh1123:20160301113753j:plain

枚方市付近でだんだんと朝が。
夜が明ける瞬間って、いつ見てもいいですよね。

 

f:id:yh1123:20160301113752j:plain

京橋に降り立ち、大阪市営地下鉄鶴見緑地線に乗り換え。
向かうは終点、門真南駅です。

 

f:id:yh1123:20160301113751j:plain

7時過ぎ、門真南駅に到着しました。

 

f:id:yh1123:20160301113750j:plain

なみはやドームの背中から太陽が顔を出しました。
寝不足で酒臭くて小汚いわたしに優しい光が降り注ぎます。ありがてぇ。

 

f:id:yh1123:20160301113803j:plain

朝市の場所はこのあたり。駅から徒歩でだいたい15分くらいです。会場にはトイレがないので、尿意を催した方は駅かコンビニですませておきましょう。

三井アウトレットパークを左手に横切り、幹線道路ぞいに歩いていくと……

 

f:id:yh1123:20160301113746j:plain

にわかに聞こえる喧噪が中国語だ。

ありました、ここです。

 

f:id:yh1123:20160301113759j:plain

うわーッ

 

f:id:yh1123:20160301113800j:plain

うわわーッ

 

f:id:yh1123:20160301113745j:plain

うわわわわーーッ

 

200mほどの道沿いに、ところせましと中国食材が売られ、人でごったがえしています。プライバシーの関係で人物の写真は撮っていませんが、ガチで日本語が誰からも聞こえない。わたし以外の日本人がいないんじゃ……。

 

「最高かよ……」

 

海外旅行に行って、現地のにおいを嗅いだとき、ワクワクで脈拍あがることってありますよね。あれです。あの興奮で私の脳からは大量のドーパミンがどぴゅどぴゅ。片道1時間で中国に行けるなぞ、誰が想像しただろうか!

 

さあ、買い物をスタートさせましょう!

 

f:id:yh1123:20160301113742j:plain

開店前のラーメン屋の軒先を陣取り、路上ダイレクトに香草や野菜を売っているおばちゃんやおっちゃん。こんなのどこで育ててるんだろ。まあ面白いからどうでもいいや。フェンネルの葉がもっさり束で売られていたので、ひとつお買い上げ。

 

「これいくらですか?」

@▲~……

 

完全に日本語喋れない人でした。慌てて咄嗟に「How mush?」って英語を口走ってしまい、いやここ日本だよ!とさらに慌ててセルフツッコミをいれるというカオス状態に。手のひらに小銭を数種類乗せて、指差しで指定してもらい会計をしました。

 

わたしも日本語ネイティブだけど、さすがに値段や場所なぞの質問くらいは英語で言えるし聞き取れるぞ。このおばちゃんは一体日本でどうやって生活してるんだろうか……。

 

フェンネルは青々としげったものが10本くらい束になっていて、価格はなんと150円でした。

 

安い。安すぎる。


続いてパクチーを求めて市場の端にあるスーパーへ。

 

f:id:yh1123:20160301113749j:plain

パクチー大量でひとつ150円!

安っす!!!

 

f:id:yh1123:20160301113747j:plain

マトン1kg980円!!

安っす!!!!

パクチーもマトンも超絶爆安でゲット。補足すると、自宅近くの大型スーパーでは、パクチー30gでだいたい200円、ラムチョップが2gで800円くらい。つまるところ高級食材です。

 

あまりのリーズナブルさに、しばらくパクチーを握りしめて泣きました。早朝キツかったけど、来てよかった……!ここ楽しすぎる……!

 

f:id:yh1123:20160301113737j:plain

早々に目星のものが買えてしまったので、イートインのあるお店で朝ごはんを食べることに。揚げ饅頭やドーナツなどが売られていて、お店の奥にあるテーブルで食べることができます。

 

f:id:yh1123:20160301113740j:plain

豆腐脳と油條(ヨウティアオ)。中華圏の定番朝ごはんですね。中華風のあんかけ豆腐である豆腐脳に、揚げパンの油條をひたして食べます。

 

ちなみにふたつで250円くらい。

 

豆腐脳アツアツのあんが冷えた身体にしみわたります……が私にはちょっとしょっぱすぎた。油條は油っこくて、半分お持ち帰りに。ただ、異国情緒のある味で、そういう意味ではおいしかったです。

 

トレイが食品用のそれではなく、完全に100均の書類ケースでした。エモい。

 

f:id:yh1123:20160301113738j:plain

f:id:yh1123:20160301113741j:plain

またお店には、肉類オンリーの惣菜が売られていました。上の写真は豚足とスペアリブ、下の写真は豚耳かたまり、ハチノス、タンかたまり、豚耳の和え物。お店のおばちゃんたちは日本語が話せるので、いくつか試食をさせてもらえます。

 

豚耳の和え物と豚のタン、それと薄切り牛肉の和え物をそれぞれ100g程度購入。

 

3つで1000円いかなかったです。

 

f:id:yh1123:20160301113656j:plain

あとはよくわからない調味料も購入。
裏の成分表示みたらことごとく「五香粉」って書いてあった。

 

f:id:yh1123:20160301113743j:plain

最後に火鍋のペーストと激辛の調味料を買ってこの日の買い物は終了。

f:id:yh1123:20160301113802j:plain

ホントはスーパーの横でおばちゃんが焼いてた羊串を食べたかったんですが、前夜の飲酒もあって猛烈にもよおしていて、ア○ルが爆発寸前だったのであえなくスルー。

 

ホント飲んだ翌日にお腹が超過敏になるの何とかならねーかな!

 

この市場自体は法的にはほぼ黒に近いグレーではあるんですが(警察が見張りに立ってます)ゴリゴリと道ばたにコミュニティをつくる在住中国人の方々のたくましさを感じました。昔は海賊版DVDとかタバコとか怪しいものも売られてたみたいなんですが、警察の取り締まりでだいぶ小さくなったみたいです。

 

物見遊山で行くのはオススメできませんが、家庭で本格的な中華を楽しみたいなら、ここでの買い物をするのは最高だと思います。なかなか買えない食材や調味料がバンバン売ってるので。冷凍の蚕とかもあったよ。

 

Twitterなんかを見てると、少数ながらも日本人の買い物客もいて、この異国さを楽しんでいる部分はあるので、5年後10年後には、いわゆるディープスポットではなく、きちんとした地域の名物になる可能性もあるのかな、と感じました。

 

f:id:yh1123:20160301113734j:plain

f:id:yh1123:20160301113735j:plain

その夜、買った食材はおいしい火鍋とヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)になって、みんなのお腹におさまりました。つくった本人が言うのもなんですが、完全に本場の味で最高にウマかったです。

 

また近日中に早起きしていかねば!

 

 

 

 

 

【昇天】死んだら乗るべき! 敬遠されがちな宮型霊柩車はハンパないカッコよさにあふれていた!

f:id:yh1123:20160225221211j:plain

みなさんはじめまして。京都の飲んだくれクソババアの平山と申します。
あだ名は「おかん」です。

 

先日こんなニュースを目にしました。お葬式に欠かせない乗り物といえば霊柩車ですよね。しかし、宮型霊柩車の乗り入れを禁止する自治体が増えている……という内容でした。なんでも「死をイメージさせるから」「不吉だから」というのが、主な乗り入れ禁止の理由らしいんです。

 

これがガチなら言ってる奴みんな不老不死か何かなの?

 

みんないつかは死ぬのにその発想ヤバくない?

 

そもそも私、宮型の霊柩車すごく好きなんです。あの荘厳なたたずまい、グッとくるものがありませんか。将来(死後)は豪華な霊柩車に乗って市内じゅうを駆け回り、「平山死にました!」とアピールしまくるという夢があったのですが、このままではその夢がついえるどころか、宮型霊柩車がこの国から消えてしまう……!

 

いまこそ宮型霊柩車の魅力をみなさまにお伝えしたい!そう一念発起し、葬儀屋さん&霊柩車屋さんのところに行ってきました。

 

兵庫県伊丹市の葬儀社「速水葬祭」さんへ

f:id:yh1123:20160225221143j:plain

撮影同行のマツダとともに、やってきたのは兵庫県伊丹市にある葬儀社「速水葬祭」さん。偶然にもわたしの地元です。おそるおそるアポイントをしたら「いいですよ~」と即オッケーをいただいたうえに、なんと霊柩車屋さんまでご紹介してくれるという優しさ出血大サービス。なにこれ聖人かなにか?

 

ごめんくださ~い、と扉をあけると、

f:id:yh1123:20160225221144j:plain

速水葬祭代表の速水さんが出迎えてくれました!

 

f:id:yh1123:20160225221212p:plain
本日はよろしくお願いします!

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
よろしくお願いします。早速なんですが、今日は会場でお葬式をしているので、いまから霊柩車をあつかう「阪神特殊自動車」さんに移動しましょう。

 

f:id:yh1123:20160225221212p:plain
あああ、お忙しいところホントすみません……!

 

会場内はちょうどご葬儀の最中だったので写真がありませんが、速水葬祭さんは家族葬を中心とした町の葬儀屋さん。業務だけではなく「伊丹のおくりびと」としてブログ執筆をおこなうなど、積極的に情報発信をしている方です。葬儀屋さんでこういう人って珍しいんじゃないでしょうか。

 

▼霊柩車をあつかう「阪神特殊自動車」さんへ!

f:id:yh1123:20160225221148j:plain

さて、速水葬祭さんから車で10分ほどの距離にある「阪神特殊自動車」さんにやってきました。

 

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
ちょっと待て。その格好は何だ。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
いやぁ、せっかく話を聞くなら正装で挑むべきかなって……。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
なかなか似合ってますよ。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
わーい!ありがとうございます!それでは早速、中でお話をおうかがいしましょう!

 

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
ええ……。

 

f:id:yh1123:20160225221147j:plain
応接室に案内してもらいました。速水さんと一緒にお話をおうかがいするのは、阪神特殊自動車のご担当、丸野さんです。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
まずは宮型霊柩車の前に、最近のお葬式事情についておうかがいしたいんですが……。どうしてこんなに宮型霊柩車が減っちゃったんですか?これって最近の死生観が変わってきたからなんですか?宮型霊柩車大好きなんですけど!大好きなんですけどー!

 

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
落ち着け。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
まあ、まずは葬儀が個人化してる、というのがしっくりくるかもしれませんね。昔はお葬式ってコミュニティでの行事でしたが、いまでは都市部においては約9割が家族やその周辺の人たちで行う「親族葬」なんです。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
お葬式の規模が小さくなるにしたがって、霊柩車も一見するとそれとわかりにくい洋型の需要が増えていきましたね。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
それに霊柩車の乗り入れ禁止には、地域開発の影響がすごく大きいんですよ。火葬場ってだいたい町外れにあるんですが、そこに行くまでの山道が宅地開発されて、住宅地になる。するとそこの住人たちは連日、ご遺体を載せた霊柩車を見るわけですよね。それが不吉だ、ということで、せめて「いかにも霊柩車」な宮型は通さないでくれ……という要望が出てきてしまった。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
うーん、宮型霊柩車が通るのって、そんなに嫌なのかな。わたしが宮型霊柩車好きだからそれほど何も思わないだけなのか……。

f:id:yh1123:20160225221145j:plain
シュールな絵面。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
そういえば大学の近くなんですが、某葬儀屋さんが葬儀会館を建てたんですよね。ただ、近隣住民の反対にあって、建物あるものの運用はされなかったんです。連日、トラメガ持った住民VS記録録画する社員のデスマッチ状態で。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
そこらへんの住民心理は霊柩車のそれに近いところはあるかもしれないですね。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
それって正直、棚上げだと思うんですよねぇ。それで反対してる人も、いつかは死んで、どこぞの知らない人たちの反対を押し切った葬儀会館でお葬式をあげるんでしょ……と思うと。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
まあ、みんな自分が死ぬ時のことは考えてないんでしょう。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
辛辣で笑う。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
それに、地域の葬儀社さんならともかく、大きな企業が運営する葬儀会館だと、縁もゆかりもない人が来るから嫌悪感が増すのかもしれないですね。

 

▼どんどん姿を消す宮型霊柩車

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
今回のアポイントではじめて知ったんですが、葬儀屋さんが霊柩車を持っているというわけではないんですね。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
地域差によって違いがあるんですが、昔から京阪神エリアでは霊柩車は主に外注ですね。もちろん、持とうと思えば葬儀社が個別で持てるんですが、なんせ高いんですよ。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
車自体の値段に、まず約15002000万。外車でしたら3000万近くの価格になります。そこに宮型の本体をつけるので、さらに1000万以上はかかります。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
都会で一軒家が買えるレベルや。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
葬儀社が個人でそのコストを負担するのは荷が重すぎますよね。なので、僕たちのような霊柩車専門の配車専門、タクシー屋のような業者があるんです。ただ、その業者自体も宮型を持っているところが少なくなっています。大手の会社さんなんかも、数を減らしていってる。コストに見合うだけの需要が少ないので。

 

f:id:yh1123:20160225221146j:plain
「○○○さんのところだって、いまはもう(宮型)ないもん」「○○○が!?マジですか~!」と葬儀社談義に花をさかせていました。完全にぶっちゃけトーク。

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
他の会社さんに車がない時は、うちの車を利用していただいたりしてます。昨日一昨日も他社さんから、配車のご連絡をもらってお貸ししました。手放した業者さんも「やっぱり宮型霊柩車はいいな」と言っていただけますね。

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
続きは実際に実物を見ながらにしましょうか。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
それじゃあ、裏からガレージに回っていただきましょう。

▼いざ!霊柩車とご対面!

f:id:yh1123:20160225221149j:plain
事務所の裏に周り、ガレージに向かうと……

 

うおおおおおおお!!れ、霊柩車がいっぱいいい!

ひゃわ~~~!

かっこいい!超かっこいい!!

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
うちでは黒檀と白木の霊柩車、それぞれ2台ずつを所有しています。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
白い布がかかっているのが白木ですか?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
そうですね。日焼け防止に普段は布をかけて保護してます。まずは黒檀の霊柩車から見ていただきましょうか。

f:id:yh1123:20160225221155j:plain
念願かなって霊柩車を間近で見られ、大興奮のわたし。心の底から嬉しそうな顔してる。むふふふふ……!

 

▼重厚な彫り込みが激シブ、黒檀の霊柩車

f:id:yh1123:20160225221154j:plain
素人目にも年季の入っていることがうかがえる黒檀の宮型。唐破風の屋根が威厳のある雰囲気をかもしだしています。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
造形がめちゃくちゃ細かいですね!

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
やっぱり昔の宮型は造形が凝ってるものが多いですね。それだけ予算も潤沢にありましたから。

f:id:yh1123:20160225221151j:plain
欄間に彫り込まれた、花の美しいこと!花びら1枚1枚が丁寧につくられています。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
ここなんかはねえ、すごいですよ。後ろの欄間。

 

f:id:yh1123:20160225221153j:plain獅子!!!

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
かっこいい!!

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
これを欲しいという方も多いです。何度か「譲ってくれ」という声もありましたが、代表から「これは絶対に捨てるな」と念押しされているものですね。

f:id:yh1123:20160225232059j:plain霊柩車の内部はこんな感じ。外見の豪華なつくり込みとは対照的にシンプルなつくりです。壁紙を張り替えるなどのケアはしているそう。ガラス窓の透かし彫りが美しいですね。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
次は白木の霊柩車を見てみましょうか。

f:id:yh1123:20160225221156j:plain丸尾さんと速水さん、ふたりがかりで霊柩車にかけられたカバーを外していきます。カバーは巨大な布をパーツごとにわけられている完全武装状態。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
ガレージのなかであっても、カバーはしたままなんですね。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
白木の霊柩車がカバーを外すのは、基本的に葬儀場から火葬場までの行き道だけなんですよ。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
そうなの!?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
白木はコーティングをしている部分はありますが、基本的には常に剥き身の状態です。砂ホコリや汚れなどがつきやすいし、日焼けもしやすい。しかも汚れが目立ちやすいんです。カバーを外して道を走るのは、ご遺体を火葬場へ運ぶときだけで、その他はカバーをかけて保護しています。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
そういえばカバーのついた霊柩車を見たことがあるな……。雨の日はどうするんですか?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
もちろん、カッパも完備してますよ!

 

f:id:yh1123:20160225221205j:plain
と、後部のドアからおもむろに霊柩車用のカッパを取り出す丸野さん。カッパはすぐに装着できるよう、たたみ方も工夫されているんだそう。

 

そんなこんなで、全てのカバーが外され、白木の霊柩車がお目見え!

▼大興奮!美しい白木の宮型霊柩車

f:id:yh1123:20160225221157j:plain

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
ギャワーーーー!!美人!!!

 

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
どんな反応!?

 

一点の曇りもないナチュラルな木のたたずまい。窓から差し込む陽光に輝く色白なボディ!これを美人と言わずに何と言いましょうか。黒檀が霊柩車界の激渋ベテラン俳優だとするなら、こっちは霊柩車界における国民的美少女や~!!

 

美しすぎる~~~~~!!!!!

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
じつは映画にも出演してるんですよね。『縫い断つ人』という作品で中谷美紀さんが助手席に座ってたんです。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
銀幕デビューも果たしているとは……。恐れ入りました!

f:id:yh1123:20160225221158j:plain彫り込みは比較的シンプルで、それがよりいっそう白木の美しさを際立たせています。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
窓についてるこの円は何ですか?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
これはねえ、上の四角い部分に表札を引っ掛けて、円のなかに家紋が入るんです。

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
値打ちもんでしょ? 表札は霊柩車屋さんたちの手書きです。毎回毎回、カンナで削って書き直して。達筆じゃないといけないので、書けるメンバーも限られるわけです。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
毎回削るとなると、表札がどんどんスリムになっていくんじゃないですか?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
はい。薄くなったら今度は黒檀のものに移します。やっぱり白木は木の幅が太い方が似合うので。

 

f:id:yh1123:20160225221203j:plain
表札と家紋をつけたらこんな感じに。なんともイイ見栄えです!

 

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
宮型霊柩車の配車って年に何回くらいですかね。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
1ヶ月に10台くらいの出車でしょうか。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
あれ、意外と多い?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
いやいや!全体で見れば少ないですよ。この高齢化社会ですから、葬儀自体はもっと発生してます。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
年間役100台強か。それが何千万もするって、超贅沢な乗り物じゃないですか。

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
そうですよ。初期投資も高額ですが、さらに維持費がかかります。この白木の霊柩車は、日焼けして表面が黄ばむので、年に1回、宮大工さんのところにあずけてクリーニングをしてもらっています。全部をバラして、カンナで削るんですよ。それだけでも何百万という費用が発生します。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
え、じゃあ20年のうちにどんどんスリムになってるってこと?

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
さっきからその「スリムになる」って表現何なのさ。

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
有り体に言えばそうなるんですが……。事務所に戻ってきた霊柩車はまず、ブロアーでホコリを吹き飛ばします。そのあとカバーをかぶせて車を保管します。ガレージの入り口からも紫外線は入ってきますから。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
家のなかでも日焼け止め塗ってる系の、女子力高いやつみたいだな……。

f:id:yh1123:20160225221204j:plain「こんな感じでプシュッと」「あぶぶぶぶぶぶ」

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
埃がつきやすい部分があるんですよね。霊柩車は必要な時以外はまず触りません。指紋がついてもいけないし、いちいち削るのも大変ですから。それでも角っこは汚れやすいんです。

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
そういう時はね、これ。

f:id:yh1123:20160226004419j:plainスッ……

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
消しゴム!?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
幕と白木が触れ合って角が黒くなりやすいんですよ。で、消しゴムでこすって汚れを落とす。これが僕らの経験で一番いいやり方。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
まさに知ってトクする霊柩車界の裏技。

▼ドアの向こうは楽園!? 知られざる白木霊柩車の内側

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
そうそう、白木の霊柩車は、黒檀とは逆で内部が豪華なんですよ。ほら、こんな感じで……。

 

f:id:yh1123:20160225221200j:plain

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
うわー!めっちゃくちゃ豪華やーー!!

 

f:id:yh1123:20160225221202j:plain飾り気のないシンプルな外観と違って、なかは非常にゴージャスなつくり。天井には龍の天井画、壁面には優雅な天女の彫刻が!

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
見てください!ドアの内側に迦陵頻迦がいる!

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
か、かりょうびんが……?

 

f:id:yh1123:20160225221201j:plain「わたしです」

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
迦陵頻迦ってのは仏教界のミュージシャンで、その美しい声で法を歌うように説くそうなんですよ!これが描かれたものは極楽浄土を表現してるとも言われているので、まさに棺をおさめる部屋にはピッタリの存在ですね!

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
一目で迦陵頻迦だとわかるなんてスゴいですねぇ!

 

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
なんでそんなこと知ってるねん

 

f:id:yh1123:20160225221159j:plain

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
このなかに入って運ばれるって、マジで幸せすぎません?

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
やはり死者を弔うだけではなく、浄土へ連れて行ってあげるための空間ですからね。

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
入っていいですか?

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
いや、あの……。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
入っていいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

スイー……

 

f:id:yh1123:20160226015728g:plain

 

▼史上初!?生きながらにして霊柩車のなかへ

f:id:yh1123:20160225221207j:plain

ぎゃわ~~~~!!

すごい!!わたし!いま!極楽浄土にいる〜!!

 

不思議です。実際のところ空間自体は決して広くないんですが、ちっとも狭く感じないんです。灯籠のオレンジ色の明かりが心地よいし、天女は舞ってるし、キラキラしてるけどケバくないし、ほどよく窓から日光が入ってくるし、最高の居心地!

 

f:id:yh1123:20160225221208j:plain
死んでから最後の移動がこの車なんて幸せすぎる……!

こんなに霊柩車のなかがハイスペックスペースだなんて知らなかった。てっきり殺風景な部屋かとばかり……!

 

入ってはじめて実感したんですが、霊柩車というのは、単純に弔いのためを目的とした車ではなく、死者と気持ちよくお別れし、浄土に行ってもらうために先人たちの残した「おもてなし」のひとつなんじゃないでしょうか。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
これでもまだシンプルなほうです。そもそも白木の霊柩車は関西独自のものですし。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
やっぱり名古屋なんかは派手派手なんですかね?

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
鈴鹿山脈を越えたら趣向がガラリと変わりますね。もうキンキラキンです。屋根飾りも、龍とか鶴とか、大きなものになってきます。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
霊柩車にも土地柄がでるのか~。他の地方の霊柩車も見てみたい!

 

f:id:yh1123:20160225221209j:plainいや~、極楽すぎる。マジで毎晩ここで寝たい。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
あ、でも……こんなに豪華な車ですし、お高いんですよね?

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
いえ!じつはお値段は洋型とほとんど変わりません!

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
何ィ!?じゃあなおさら宮型乗らなきゃ損じゃない!

f:id:yh1123:20160225230832p:plain
唐突に現金な顔を見せるのやめろ。

 

f:id:yh1123:20160225221210j:plain
宮型のなかでいちばん可愛かった天女。ひいているのは琴でしょうか。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
いやー、貴重なものを見せていただきました!ありがとうございます!こんなに見た目にも美しい造形で、こだわりぬかれたものが「死をイメージするから通らないでくれ」って避けられつつあるなんて、本当にもったいないと思います。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
じつは霊柩車自体の歴史はそれほど長いものではありません。車の普及が明治以降ですから。そうはいっても脈々と受け継がれてきたものでもある。しかし、ここ20年くらいで、死者に関わる価値観がガラリと変わってきたのも事実で。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain

言い方は悪いんですけど、ぶっちゃけ死んじゃったらもう、本人のあずかり知らぬところじゃないですか。だからこそ最近は、お葬式も小規模だし、お墓もなくていい……って人も多い訳ですもんね。

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
下手すれば、お預かりしてすぐ、式もせずに火葬。飾りもなしに。悲しい話なんですけどね。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
お墓は管理の問題があるので、個人的には絶対に必要とは思わないんですよ。ただ、お葬式はちゃんとしたいし、してほしいですね。霊柩車に乗せてお別れをするのも、個人への配慮だけじゃなくて、残された側がちゃんと死者と線を引くというか……。送る人に取っても意味のあることやなあ、と思いましたね。

 

f:id:yh1123:20160223153845p:plain
実際そういった例はあります。お葬式をせずに、日常生活と地続きで弔ってしまったので、心の整理ができずに、最終的には体調を崩されたそうで。葬儀ってのは送り出す側の心の整理もあるかもしれませんね。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
間近で宮型霊柩車を見て、実際に乗って感じたんですが、ホントに素晴らしい文化だなぁ! 特別な形でお別れができるし、あと「最後にカッコいい車に乗せて運んだる!」っていう、昔の人たちの心意気が垣間見える。

 

f:id:yh1123:20160225221206j:plainマツダ「夢の国から帰ってきたような顔してるな」

 

最近はバングラデシュの人が霊柩車を見にいらっしゃるんだそう。ニュースでも聞いたことがあるかもしれませんが、アジア圏で「走る寺だ!」とブームだなんだそうで。

 

ただ霊柩車ってメンテナンスが大変な分、熱帯や寒冷地にいくと即傷んじゃうと思うんですよね、どうするんだろ。

 

宮型霊柩車は、寺や神社をなどにも携わる宮大工さんの手によって丁寧につくられています。「不吉」と目を背けてしまうのは簡単ですが、その繊細な造形美、そして霊柩車というものの背景にある日本人の心遣いをいま一度再確認してほしい〜!

 

f:id:yh1123:20160225225846p:plain
そして、霊柩車を見た時は親指を隠すんじゃなくて、ぜひとも手を合わせてやってください。

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
たしかに、挨拶としてはそれが正しいですもんね。心がけます!

 

霊柩車を近くで見たい!ともすれば乗りたい!という夢が叶ったと同時に、生き死にに対してもいろいろと考えさせられる1日でした。

 

取材にご協力いただいた速水葬祭の速水さん、阪神特殊自動車の丸野さん、どうもありがとうございました!

 

f:id:yh1123:20160223153909p:plain
よーし!カッコいい宮型に乗れるように、がんばって天寿を全うするぞー!

 

 

取材協力

株式会社 速水葬祭(伊丹市規格葬儀取扱指定店)

阪神特殊自動車株式会社

 

 

 

 

 

 

そろそろ自己発信もしていかなきゃ

ということで、ブログをはじめます。

どうしようもない話を中心に、メシの話とか、酒の話とか、そういうのをつぶやいていこうと思います。

 

自分のなかで超絶に面白くて滑らない鉄板ネタがあるので、出だしはその話でも。
大学生のとき痴漢にあった話です。
次回にまとめます。


【次回予告】
みんなやっほーおかんだよ!連日わたしは制作で大忙し!講評会が近くて、今日もずーっと学校でシコシコ絵を描いてたの〜!やだー!あっというまに終電終電!急いで終電のJR新快速姫路方面に乗り込めーッ!

そしたら……た〜いへん!あんなことが起こっちゃうなんて……!

次回!『あのコは飲んだくれ屑GIRL』第42話「お前がナニをナニしてる」乞うご期待!